シンガポール市内観光2日目

次にシティーホール周辺へ。ここはヨーロッパの建物のようなゴシック建築が並び、新しいビルも多いのだが、対岸に見える「ボート・キー」の民家と調和して、美しい景観を作っていた。

ボート・キー

シンガポール、ボート・キー

ラッフルズ上陸記念の地から見た、ボート・キー。昼間も良いが、夜景も美しい。夜飲みにいったが、川沿いにいろんなレストランやバーがあって面白かった。

ラッフルズ上陸記念の地

シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地

このエリアは公園のようで、川沿いに歩道があり、博物館やコンサートホール、国会議事堂が建っている。見晴らしのよい場所である。

シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地
シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地

このような真面目な銅像が多い。歴史を意味しているようだ。

シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地

カベナ橋の向こうに見えるのは「フラトン・シンガポール」超高級ホテル。昔は郵便局だった。

シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地
シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地
シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地
シンガポール、ラッフルズ上陸記念の地の猫

どこでも野良猫がおる。

ビクトリア・コンサートホール&シアター

シンガポール、ビクトリア・コンサートホール&シアター

白亜の美しい建物には、時計塔がある。周辺の緑に白い建物が映える。

シンガポール、ビクトリア・コンサートホール&シアター

アジア文明博物館エンプレスプレイス

シンガポール、エンプレスプレイス

ここらへんはゴシック建築の密集地なので、ヨーロッパにおるような気分になる。しかし漢字がある。なにかの特別展示があるようだった。

NEXT マーライオン・パーク>>

サイトMENU

Copyright (C) 2007 シンガポール親孝行旅行記. All Rights Reserved.