関空→セントーサ島到着

午後にシンガポールのチャンギ国際空港から、セントーサ島にバスで向かった。外に出るとアジアの熱帯気候。道路は整備され、工事中の建物も多く、シンガポールは新しい国やな、と思いました。緑が多く、熱帯の花が咲いていてきれいだ。

セントーサ島での宿泊ホテルは「セントーサ・リゾート・スパ」高級でオシャレなリゾートホテルである。正月なのでインペリアルスイートしか空室が無かったのだ。しかし、普通の部屋とそんなに値段に違いは無かった。

セントーサ・リゾート・スパ

エントランスには正月用の飾りが。クリスマスのように見えた。ここまで案内した添乗員はマリアという日本語ペラペラの現地人添乗員である。ある意味で彼女は凄かった…朝食の説明などをされ、チェックインをする。2人部屋で分かれ、夕食に中庭のレストランに集合することになった。

セントーサ・リゾート・スパ

セントーサ・リゾート・スパは広大な敷地で、庭で孔雀や鳥、リスを飼っている。中庭にはいくつもの池があり、緑が多い。

セントーサ・リゾート・スパ

ドリンクの無料チケットをもらったので、カフェでまずとりあえず一服。

セントーサ・リゾート・スパ

夜にはカフェのステージで演奏や手品のショーがありました。

セントーサ・リゾート・スパ

孔雀を発見。

セントーサ・リゾート・スパ

プールのある庭から海が見える。

セントーサ・リゾート・スパ

中庭にはプールがあり、朝から泳ぐ家族もいました。

セントーサ・リゾート・スパ

暗くなったのでホテル内の「クリフ」というシーフードのレストランに行った。しかし、高級ホテルに慣れていない人間〜貧乏バックパッカーと小市民なオッサン&オバハン〜の予想とは違うレストランであった…

レントーサ・リゾート・スパのレストラン「クリフ」

セントーサ・リゾート・スパ

中庭のあるクリフレストランは、オーシャンビューの席に案内してくれた。照明が暗めで、オープンキッチンが見える、オシャレで高級だ、思わず「このテーブルウォーターはタダですね?」と確認してしもうた…

まずビール注文。当然メニューは英語だけやったので、自分が適当に選びました。正直、値段にビビる。「た、高け〜」サラダと前菜を慎重にとりあえず選んだですが…

「量が少ね〜」

盛り付けはフレンチのようだった。しかし味はかなり美味い。メニューを見ても、洋食を好まない父親が満足するようなものは無い、そして、非常に高い…海鮮系があったので店員に聞くと、牡蠣がオススメです、というのでそれを何種類か頼む。生牡蠣はすっげー美味かった、しかし、腹にたまらんぞ〜

ホテルの外に出て、「地元のラーメンやカツ丼の、定食のある”食堂系”」を探しに行くことになりました。セントーサ島には無料のバスが巡回しているので便利だ。カンで、食べ物屋がありそうなところで降りた。海沿いの大通りなら、レストランがあるだろうと予測したのだ。

かなりのプレッシャーであった。「頼むから食料を調達させてくれ…」海沿いに明かりが見えたので、先に走って確認すると、コンビニとレストランバーの明かりである。

そのレストランバーには普通のピザやパスタの軽食があったのだが、「疲れたのでコンビニでいい」、と。まあ夕食はなんとかなったか。コンビニでカップ麺やビール、菓子を買い、セントーサ島の初日は終わった。すでに非常に疲れた。

NEXT セントーサ島観光>>

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2007 シンガポール親孝行旅行記. All Rights Reserved.