マレーシア日帰りツアー

マレーシアのジョーホール・バル日帰りツアーに参加した。最初、近いので個人で行く予定であったが、親が腰痛なのと、ジョーホール・バルは治安が悪いとガイドブックに書いてあり、添乗員がバスツアーのほうがいいといわれたのでそうしたが、正解であった。確かに国境の町は治安が悪い都市が多い。ツアー参加は我々だけであった。

朝、別の添乗員が迎えに来た。ホテルをチェックアウトして、荷物を預けた。日帰りでいけるので、シンガポールとまた違うマレーシアに行くのはおすすめである。

バスで国境に行き、歩いてイミグレを抜け、またバスに乗り、マレーシア入りした。

アブ・バカール・モスク

マレーシア、ジョーホール・バルのモスク

白い外壁の青い屋根のモスクである。青い空に映えている。

マレーシア、ジョーホール・バルのモスク

歩く姿が、なぜか美しく見えた。

マレーシア、ジョーホール・バルのモスク

モスクの入り口の回廊。内部の見学は不可能。

マレーシア、ジョーホール・バルのモスク

モスクの裏側。小高い丘の上に建っているので。眺めが良い。

マレーシアから見たシンガポール

シンガポールが見える。

サルタン王宮

マレーシア、サルタン王宮

王宮周辺は広大な公園。内部の博物館には武器や装飾品の展示があった。

マレーシア、ジョーホール・バル

敷地内の果実のなる木。

マレーシア、ジョーホール・バル

目立つ建物。周囲は工事中。

カンボン・モハマド・アミン マレー文化村

マレーシア、カンボン・モハマド・アミン マレー文化村

最初に民族楽器の演奏を聴いた。日本の曲も演奏した。この施設は土産物屋や銀製品の加工販売所、音楽演奏場所があるが、普通の民家を見学することができる。実際住んでいるので、マレーシアの人の生活を見ることができた。

マレーシア、カンボン・モハマド・アミン マレー文化村

庭に檻が置いてあった。中におるのは…

マレーシア、カンボン・モハマド・アミン マレー文化村

猫。

マレーシア、カンボン・モハマド・アミン マレー文化村

なぜ猫を檻に入れて飼うのだろうか。しかもぎゅうぎゅう詰めである。苦しそうにもがいとるやないか〜この檻の上には小鳥が。謎や。

織物・染色工場

マレーシア、織物・染色工場

織物工場を見学。当然土産屋があり、いろいろ勧められた。父親が「Malaysia」のロゴが入ったTシャツを欲しがったので購入した。

マレーシア、織物・染色工場

最初に下書きを描いて色付けをする。

マレーシア、織物・染色工場

この後焼き物工場問屋にも行った。

マレーシア、織物・染色工場

刑務所

マレーシアの刑務所

「あれは刑務所です」すかさず撮影。なるほど、塀が高い。

ジョーホール・バルの町並み

マレーシア、ジョーホール・バル

多分州庁舎。

マレーシア、ジョーホール・バル

学校。

マレーシア、ジョーホール・バル

ホテルのレストランでマレーシア料理ブッフェの昼食を摂り、シンガポールに戻った。添乗員が「マレーシア料理は辛い」と言ったが、辛くは無かった。マレーシアは、シンガポールよりもイスラム色が濃かった。

マレーシア、ジョーホール・バル
マレーシア、ジョーホール・バル
マレーシア、ジョーホール・バル
マレーシア、ジョーホール・バル

NEXT シンガポール市内、美術館・博物館見学>>

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2007 シンガポール親孝行旅行記. All Rights Reserved.